胃潰瘍の症状、治療、食事とピロリ菌について解説します。

インフォメーション

『ピロリ菌と胃潰瘍』のサイトへようこそ!
当サイトは、ピロリ菌の情報提供を目的としたピロリ菌の症状をはじめとして、ピロリ菌の検査や除菌、治療、感染などについての基礎知識のほか、食品やピロリ菌の予防法についても解説します。
ピロリ菌という病原体は、ヘリコバクターピロリ菌という正式名称で、胃の内部に存在して胃がん、胃炎や胃潰瘍などの原因となるといわれています。

ピロリ菌と胃潰瘍の情報

ピロリ菌退治に1週間抗生物質を服用する

胃潰瘍の治療にはピロリ菌の除菌治療が最近では一般的になってます。胃潰瘍や十二指腸潰瘍を繰り返す場合にも有効といいます。2種類の抗菌剤と酸分泌抑制剤の1週間服用で70〜80%の患者で除菌可能といいます。

具体的には3つの薬を併用します。

◆抗菌剤
通常「クラリスロマイシン」と「アモキシシリン」の2種類を同時に服用します。

・クラリスロマイシン;細菌の感染による治療に用いる除菌薬
(白色錠剤、1日量200mgX4錠、朝夕2回に分ける、1週間分)

・アモキシシリン;細菌の感染による治療に用いる除菌薬
(今回はサワシリンカプセル(1Cが250mg)を処方
 カプセル、1日量250mgX6C、朝夕2回に分ける、1週間分)
【注意事項、副作用】
 不快感、口内異常感、ヒューヒューという呼吸音、めまい、便意、耳鳴り、発汗などがあれば担当医に申告する。

◆酸分泌抑制剤
胃の中は強酸性になっていますので抗菌剤の働きが抑制されます。そのため、胃酸の分泌を抑制して抗菌剤の働きを高めます。

・タケプロン;胃酸の分泌を抑える薬
(今回はタケプロンカプセル30(1Cが30mg)を処方
 カプセル、1日量30mgX2C、朝夕2回に分ける、1週間分)


通常酸分泌抑制剤には「プロトンポンプ阻害剤(PPI)」が用いられ、これは胃酸分泌抑制のみならず、僅かですが抗菌作用も持ちます。

胃潰瘍の治療でまずピロリ菌を除菌するのに、抗生物資を服用するのだそうです。そこで、痛み止めと除菌薬を1週間分もらいました。

◆3種類の薬を使う理由
現在では1種類でピロリ菌を除菌できるものは見つかってません。クラリスロマイシンが抗菌剤のなかで最も効果があるといいます。しかし、クラリスロマイシン1種で常用量の4〜5倍量使っても除菌率は10〜20%といいます。

その後酸分泌抑制剤と抗菌薬に「抗原虫薬」を加えた3種が用いられるようになり、除菌率も80%くらいになりましたが、耐性菌の出現しました。

そういう経緯で今では2種類の抗菌薬と酸分泌抑制剤が用いられています。

今回1週間、2種類の抗菌薬(クラリスロマイシンとアモキシシリン)+酸分泌抑制剤(タケプロン)を服用して大体除菌率は80%くらいだそうです。

抗菌薬として今サワシリンカプセル(250mg)を服用してますがおそらくアモキシシリンのことでしょう。クラリスロマイシン(200mg)とともに1日朝、夕食後2回きっちり服用を指示されてます。飲みわすれなどでは耐性菌ができて完全除菌できない恐れあるとのこと。きっちり服用しました。

大きな胃潰瘍発見

内視鏡の画像を見せてくれました。

普段このような画像を見ることはないので、けっこう大きな潰瘍ができているのをみて、胃の痛みの原因がやはりこれかという、半分納得したようなしないような・・・。

でもガンでなくて安心しました。

胃潰瘍のカメラの画像は、白っぽくうつってました。それもけっこうあちこちに見つかり少なからず狼狽してます。

こういう医療機器というのは最近どんどん進歩しているといいますが、ほとんど病気の経験がない私にとっては久しぶりに見る最新鋭の機器です。

以前見たのはもう何十年も前ですが・・・、麻酔の技術もさることながらその画像の鮮明さと、はっきり見るために着色剤(青色の無害といってました、成分は医師が何か説明してくれてましたが・・・、香料?)までカメラの先端から放出できます。胃壁に噴霧して潰瘍部がよりはっきりと胃壁と区別できてます。

潰瘍って皮膚にできる傷と同じで治ったあとは皮膚を引っ張りシワになるんだそうです。私の胃の内部には潰瘍がいくつもできてそれが治ったあとがいくつも観察できるとか。通常は胃の内壁はシワもなくきれいな状態だそうですが、シワができているとそこが潰瘍の治った跡です。

いろいろ医師から教えてもらうと普段気がつかないことがいっぱいあるんだなと妙に感心してしまいます。

胃の内視鏡検査

2回目の受診で胃の内視鏡検査をすることになりました。

初診で超音波画像診断で一応胃以外の他の臓器には異常はなさそうでしたので、一気に胃の内部を見ていこうというわけです。

胃の内視鏡検査、俗に胃カメラちゅうやつですが、以前も検査したことがあります。舌を麻痺させ、食道も多少麻酔をかけて直径1cmくらいのチュ−ブというか管を口から侵入させて、胃まで押し込み撮影するわけです。

これが昔は「ゲー・・・」がでるくらい、つまりはきそうになるよな感じでとてもきつかったんですが、今回は麻酔をかけていたのであまりよく覚えていません。あっというまに終わっていたようです。

ゲップがでていたなあというくらいでいつのまにか終了して、30分〜1時間ほどベットで横になって増すがさめるのを待っていました。

いろいろな角度から撮影されており、すぐに先生から現在の状況を詳しく説明されました。続きで詳しく報告しますね。

画像診断の結果に一安心

初診の検査で超音波画像診断も受けました。よく産婦人科で赤ちゃんの成長の具合を画像に写し出すアレです。

モニターを見ながら先生が各内臓器官に以上がないかチェックするんだと言ってました。

胃痛といっても胃に原因はなく、ほかの内臓に起因する痛みがあるので一応チェックするのだそうです。

ベッドに横になりシャツをめくり、おなかに超音波の器具をあててぐりぐりさせます。

胆のう、肝臓、腎臓など一通り画像チェックします。私もモニターの画像をのぞきこみましたが、よく見方がわかりません。肝臓に小さなポリープがあるようなことを言ってました。

ポリープというと何か問題があるのかとギクっとさせられますが、よくあることで問題ない由。幸いにも他の内臓には異常がありませんでした。めでたし、めでたし。

医療機関のレセプトを読む

最近の医療制度では、請求書と領収書を発行してくれます。昔はなかったので随分と日本の医療制度も変わったものだと変に感心してしまいますね。

ところで皆さんこの請求書をじっくりとよんでいる人はどのくらいいるでしょうか?たいていはちらっと金額を見てはいおしまいでしょう。

個人的にこのような請求書を観察するのが好きなので、いろいろ気ずきもあります。

項目の内訳は次の通りです。
ちなみにこの診療科はうちの近所の個人経営の内科・胃腸科です。項目の後ろの数字は保険点数を表わします。

1)初・再診料  272点
2)医学管理等   10
3)在宅医療
4)投薬      72
5)注射
6)処置
7)手術
8)麻酔
9)検査     1165
10)画像診断
11)リハビリ・他
12)病理診断
ーーーーーーーーーーーーーーー
合計       1520点

1点は3円で計算されてました。つまり医療機関への支払額は
1520点 X 3円 = 4560円 で請求されました。初診料は819円です。以前は500円均一だったように記憶してましたが、値上がりしたんでしょうかね。

これで健康保険では加入者3割負担ですので、実際医療機関はあと7割を社会保険事務所にレセプトとして請求するわけですね。(多分誤りではないはず)とすれば健康保険からは10640円が支払われ、医療機関には合計15200円が実入りというわけです。

実際の診療時間は20分くらいでした。この金額が高いか安いかは皆さんそれぞれ感じるでしょうが、私はやはりかなり高いかなという感じです。たった20分の診療ですからね。

【胃潰瘍に関する新着情報】

RSS2.0